*

英会話マスターへの道

*

英会話の勉強と英語と教材に関することをまとめていきます。

*

世界中で話されている英語

たくさんの国で使われている英語と違い、日本語は通常は日本でしか話されていない言葉です。 それに伴って、日本語を話せる人は世界的に見れば多くはありません。 しかし英語の場合、かなり多くの国で公用語とされているので、どこに行っても英語は通じるでしょう。 海外旅行をするだけでなくても、ビジネスで海外の人と話す場合など、今では様々な場面で英語が話せると便利な時代ですよね。

英語が主な言葉となって、母国語として話している国は、アメリカやカナダ、他にもオーストラリアやイギリスなどがあります。 また、英語を母国語としている他の国の中で、アイルランドは一番の公用語がアイルランド語、マルタ共和国ではマルタ語も公用語として使われています。

ただ、実際にはアイルランドでは、一番の公用語のアイルランド語より、英語の方が主に使われていると言われているのです。

これは、アイルランド語が象徴的な意味としての位置付けになっているとも考えられます。 アジアを見てみると、シンガポールはマレー語より、英語がよく使われています。 シンガポールは民族ごとに母国語が異なるため、円滑にコミュニーションを取る為の手段として、英語が話されているのです。

また、中米ではスペイン語のイメージがある人も多いと思いますが、ジャマイカなどでは英語が主流の言葉になっています。

その他にも南アフリカ共和国は、英語自体は聞き取りやすいものになっていますが、地理的には英語圏の国とは、かなり離れています。

アフリカは国も多く存在し、民族特有の言語が多くあるので、その国の公用語だけでは他民族間のコミュニーションが円滑に取れないのです。

さらにオセアニア地域では、ニュージーランドやオーストラリアなどが英語を主に使っています。 このように見ていきますと、世界の広範囲で英語が使わているのが分かりますよね。 英語は世界の人びとが、友好的なコミュニーションを取る為の、とても便利な言葉なのです。