*

英会話マスターへの道

*

英会話の勉強と英語と教材に関することをまとめていきます。

*

英語が支える韓国経済

各国の貿易に依存している比率を国ごとにみると、韓国はかなり多いというデータがあります。 これは韓国経済が、いかに外国企業に影響されているかの表れです。

一時期には、韓国は通貨危機になり、国が潰れているのと同じ状況に陥っていました。 これを機に、海外との関係を直す必要を、ひしひしと感じたと考えられております。 また、このことが要因で韓国国民の英語力が向上したとも言われているのです。 韓国国内では、大会社の不祥事がよく報じられますが、一部の財閥会社が韓国景気に多大な影響をもたらしているのです。

また、そのような財閥会社が英語の必要性を非常に気に掛けているのです。 その為、会社側も応募者には優れた英語力を求め、韓国の学生はハイレベルな英語力を取得する必要があるのです。

ですから、韓国で安定して人生を送るには、英語が必要不可欠と言っても過言ではないと思います。 日本の英語教育はインプット式が多いと言われており、このことが日本人の英語力の後退を招いている可能性があると考えられています。 英語を勉強している学生も、このことは意識していない人が多いと思います。

ただ、英語学習のスタイルが国民の英語スキルに大きく影響を与えていることは間違いありません。 韓国では、大学入試に遅れそうな場合は、警察がバイクなどで送り届けることがよくあります。 ニュースで、よく見たことがあるという人も多いかも知れません。 このようなヒートアップした受験には批判的な意見もあるようです。 しかし、このような受験スタイルがきっかけで、韓国国民の英語スキルがすごい勢いで上向いたとも考えられます。

度を超す受験争いは見直すべき点も多くありますが、それこそが今の韓国の経済状況や世界での地位を後押ししているとも言えるでしょう。