*

英会話マスターへの道

*

英会話の勉強と英語と教材に関することをまとめていきます。

*

ご愁傷さまを英語で伝える

だいた い、お悔やみの言葉を伝えるのって、英会話に限らずだれもがニガテだと思う。あまりペラペラしゃべったら、この 人、ほんとに悲しんでいるの かしら、と思われる。だからせいぜい、
I was very sorry to hear of your misfortune.
(ご不幸を聞いてほんとにご愁傷さまです)
という。この場合、気をつけなくてはいけないのは、I am ではなく I wasと過去形にするという点。というのは、その不幸をもう聞いちゃっているからで、お葬式なんかでその人の家族にあったら、そういうわけ。
この場合も、 your misfortune(あなたの不幸)というぐらいに遠まわしにいう。Your father  is dead.なんていうと、「死んじゃった」とか「だれだれがクタパッて残念だと思った」とかいう感じ。

I’m sorry your husband died(ご主人が死んじゃってお気の毒です)なんていうと、その奥さんは、旦那さんがまた死んじゃったような気になって、ワアツと泣き出すかもしれないから、あんまりいわないほうがいい。日本語だって、死なれた人のまえで、「死んだ」なんてあんまりいわない。「なくなった」とか「逝った」とか、「ご不幸」だとかいうでしょう。
だから、「だれだれが死んだ」というよりは、「だれだれを失った」といえばいい。だからLost your husband とかLost your sun とかに表現を変えた方が良い。

 

作成者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です