*

英会話マスターへの道

*

英会話の勉強と英語と教材に関することをまとめていきます。

*

実践で使える内容の教材選び

英語のテキストや教科書でよくある例文があります。 ひとつの例として、「彼は~より背が高い」というサンプルがよく載っていますが、そのような会話をよくするタイミングはあると思いますか?

実際の日常生活ではあまり使わない会話ですよね。 文法を学ぶうえで、覚える意味はあるかも知れませんが、実際に使わない言葉を覚えるのは、揺るぎない意識を持っている人でもきついことでしょう。

また、そのようなことでは続かないかも知れません。 よく聞く話しですが、教材は耳に入れることが出来るのに、洋画などの英語は聴けず、外国旅行で直面した現地の会話は、教材の会話よりもわかりにくいと思っている人も多いようです。 これには意味があり、日本人を意識したヒアリングしやすい英語を、スローでハッキリと話しているということがあるようです。

しかし通常のお話しで現地民が、ゆっくりと分かりやす話し方をすることはないでしょう。 リアルな会話とは異なる非現実のフレーズで学んでいるのですから、自然なスピードの会話がリスニング出来るようにならないのは当然のことかも知れませんね。 そして日常会話で使うフレーズに赴きを置いた教材と、試験でのリスニング対策向けの教材ではかなり違いがあります。

試験対策を意識している教材を購入する場合は、その試験のリスニングのポイントも抑える必要があるので、自分が受ける試験はどのような教材が向いているか、情報収集をきっちりした方がいいと思います。 また旅行のコミュニケーションを意識した教材と、ビジネス用の教材でも、習得するフレーズに大幅な違いがあります。

されにビジネス英会話教材でも、中級向けと上級向けがありますので、自分の今の英語レベルに合った教材を探してみましょう。 いづれにしても、英会話教材で上手に長く学習を続ける為には、自然なスピードでありのままの会話を習得できる教材を選ぶことが大切だと思います。